英語イマージョン社外研修

社員のビジネス英語スキル向上を目指す日本企業のために、渡航の必要なしに、日本にいながら海外オフィスの経験をご提供するプログラムです。


コンセプト

  • 英語力を向上させたい企業のニーズに応える英語イマージョンプログラムをご提供します。
  • 東京からほど近い野尻湖、妙高・黒姫高原の魅力的な自然環境に囲まれたリゾートを日本国内での社外トレーニングの拠点としてイマージョンプログラムを行います。
  • 宿泊、食事、現地での交通、レクリエーション、経験を積んだ講師によるトレーニング、英語教材をすべて包括的なパッケージでご用意します。
  • 多様性、チームビルディング、グループダイナミクス、異文化、リーダーシップなどのトレーニングを通し、英語を練習する上で「付加価値」となる経験をご提供します。


ミッションと目標

  • 参加者の一人ひとりが英語環境での経験を通して「コンフォートレベル(安心できるレベル)」を向上し、ためらわずに自分の考えを表現できるようになること。また、クラスと戸外での課外活動を組み合わせたエクスペリエンスを楽しみ、記憶に残る体験を通して英語のコミュニケーション力に自信をつけること。
  • 企業から見て、参加者の英語によるコンフォートレベル向上だけでなく、チームワーク、グループダイナミクス、チームの士気といった面でも、ポジティブな影響があったことを確認すること。


指導陣

  • Lee106ホールディングス(Lee106及びLee106アカデミーのグループ企業)が、すべてのイベントのファシリテーターとして、経験を積み資格を有するプロフェッショナルな指導陣と英語のネイティブスピーカーのインストラクターとトレイナーを揃えます。
  • プロジェクトのコーディネーターとリードファシリテーターは、日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)の前エグゼクティブディレクターであり、現在はテンプル大学ジャパン(TUJ)と早稲田大学で非常勤講師を務めるデビッド・サターホワイトです。
  • プロジェクトチームLee106のマネージング・ディレクターであるトーマス・キャリック、及びLee106ホールディングスのマネージング・ディレクターであるテッド・スキルマンが、指導とサポートにあたります。
  • スキルマンは学校法人学習院で1985年から14年間英語講師として務める傍ら、文部省(現在の文科省)が認定して全国の中学校と高等学校で使われていた英語教材の執筆にも携わり、またNHKのテレビとラジオの英語番組にも出演しました。
  • この他、クラスおよびレクリエーションのプログラムで必要に応じて追加の専門スタッフがファシリテーターの補助に当たります。



お問い合わせ